ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

La cuisine chinoise

久々に中華堪能な日々。

北京ダックが良心的な値段で食べれるめちゃめちゃダイスキなお店中国茶房8(通常は六本木店に行くけど、今回は恵比寿店)でダックも点心も堪能。

週末は久々にシーバスに乗って、中華街までお散歩。

                    KC380001.jpg


江戸清の豚まん激ウマ(≧∇≦)~~*

あまり辛いものが得意ではないであろうフランス人向けの中華って何かパンチが足りなかったんだけど、やっぱ日本の中華はおいしいねぇ☆


そういえば先週はフランス映画際が開催されてました。テレビでカトリーヌ・ドヌーブもミシェル・ゴンドリーも見かけました。ミシェル・ゴンドリーのLa Science des rêves(恋愛睡眠のすすめ)は天才映像クリエイターの彼らしい映像満載の映画。日本で公開されたら、またぜひ見よう☆


スポンサーサイト
  1. 2007/03/20(火) 00:42:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末DJ

こないだ遊びに行ったお部屋にターンテーブルがあった(≧∇≦)~~*

私が学生の頃、ヒップホップとかやりだして楽しかった頃の曲をガンガンにプレイしてもらいました。

またダンスやろぉー☆

                    DCF_0002.jpg




  1. 2007/03/12(月) 01:16:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

同じ顔

今日、図書館に本を借りに行った時に、雑誌コーナーに並んでるCancamを手にとってみた。

サイキン読んでる雑誌って、VOGUEとかL'officielとかNumero(Numero TOKYO創刊したんですね)って、モード系の雑誌だったので、Cancamにでてくる女の子(特に読者モデル)の顔がみんな同じ(同じメーク、同じ髪型、体系もほぼ同じ)に見えて、かなりのカルチャーショックを受けた(単純に私が年をとったのか?)。

パリに行ってから、日本人ってオシャレの平均レベルがめちゃめちゃ高いんだなぁと気付いた、ってくらいパリジェンヌでオシャレな子は稀有な存在(言いすぎ?)。パリの歴史的な街並みとかにインスピレーションを受けるのって、一部のクリエーターだけで、普通のパリジェンヌなんて本当に質素だし、そんなにカワイイのにその服はないでしょ、って子がめちゃくちゃ多い。日本人に比べて、オシャレを楽しむ金銭的な余裕が彼らにはあまりないからなんだけど。

そう考えると、洋服とかメークとか髪型のことを常に意識できて、オシャレの平均レベルが高い日本人ってめぐまれてるなぁ、と。でもパリジェンヌは質素な格好でナチュラルメークでも素がキレイでそれなりに見えたりするから、日本人はメークもヘアーも服もガチっとキメないと、それなりに見えないかわいそうな人種なのかもしれない、と思ったり。レベル高くても、ここまでみんな同じ顔だと没個性かなぁ。

でもエビちゃんはめちゃくちゃカワイイ☆

結局、図書館で借りたのはカミュの「幸福な死」。卒論以来のカミュ。カミュを手にとるなんて病んでるなぁ(笑)


  1. 2007/03/08(木) 00:43:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PARIS JE T'AIME

前にもこのブログ内でふれたことがあったし、友達もブログでふれてたんだけど、私のダイスキな映画「Paris Je t'aime(パリ、ジュテーム)」が公開されてます。

パリのそれぞれの地区でおこるできごとをオムニバス形式でおさめた作品。DVD買ってきたので、帰ってきてから何回も見て、思い出にひたってる作品(^^;)。

                    070225_1528~01.jpg

ここ何日かすごく暖かくてもう春キブン。外を散歩していて、去年のパリの春を思い出す。

冬があまりにも寒くて、曇り・雨続きでウツになりそうだったから、春が本当にうれしくて、太陽のありがたさをひしひしと感じてた春先。

テュイルリー公園で学校の友達とお弁当食べて日焼けしたこととか、セーヌ川沿いを散歩したこととか、サンマルタン運河でピクニックしたこととか。。。キラキラの思い出たち☆

今、この時期に日本に帰ってくることを決めたのは自分なのに、すごく未練たらたらの自分。
住んだら絶対にまた文句言ってるくせに、またパリに住みたいと思っちゃってる自分。

パリで一緒だった日本人の友達何人かも、またパリに行きたいなぁって言ってた。若い頃にドイツに住んでた両親も、ことあるごとにこういう思いにとらわれてたのかなぁ。。。

ちょっと(いやダイブ)、センチメンタルなキブンにひたってる今日このごろ。



  1. 2007/03/06(火) 22:36:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

おいしい鳥たち

阿蘇山の溶岩石を使って料理をいただくお店に行ってきました。

溶岩石の遠赤外線効果で焼かれたお肉は水分が程よく残って、すっごいぷりぷり☆めちゃめちゃおいしい(≧∇≦)~~*

鳥肉ダイスキなので、鳥ばっかり食べてました。

写真は鳥の首の部分。

DCF_0001.jpg


ご飯のあと、いまさらだけど「武士の一分」見てきました。キムタクは昔より演技に幅がでたなぁ、と。

サイキンは邦画がすごい作られてて、成績もよいそうな。でもフランスではゼンゼン邦画やってなかったなぁ。逆もまた然り。フランス映画ってすごいいっぱいあるのに、日本ではあまり見ることができない。

溶岩石で焼いたおいしい鳥も、もっとたくさんの日本映画もフランスに紹介して、フランスの人にぜひ知ってほしいなぁ。けど、その国でしか体験できないことだから価値があるのかもしれないなぁ、とか思いつつ。

フランスではワインばっか飲んでたのに、サイキンは焼酎を飲む日々。





  1. 2007/03/05(月) 01:49:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本/Le japon

日本に帰ってきました。

自分的にいろいろあったので、自分の気持ちの整理をつけるまで時間がかかりました。

不思議なもので、パリにいる時は早く日本に帰ってきたかったのに、今はパリにまた行きたくなってる。ワガママですね。

またパリに行く、という新たな目標ができました☆

しばらくは日本でジャパリジェンヌします☆


Je suis rentreé au japon.

Il a fallu longtemps pour reflechir, parce que beaucoup de choses me sont arrivés.

J'aimerais retourner en France un jour☆

  1. 2007/03/01(木) 23:01:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。