ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Marrakech

パリの寒さから逃れるためにモロッコのマラケシュに行ってきた。

パリから飛行機で約3時間で行けるモロッコ。初のアフリカ大陸。土からできたオレンジ色の建物が建ち並び、ラクダが観光客を待ってる景色が広がる。

DSC04385.jpg


リアッドと呼ばれる、民家を改造したホテル(マラケシュにはこのリアッドがたくさんある)に泊まる。

DSC04304.jpg


ホテルの規模が小さいので、宿泊客も3組しかいなくて、他の宿泊客とすぐ仲良くなったり、ホテル側の対応がすごく丁寧で行き届いていて快適。

民家の中に普通に建ってるので、ホテルをでるとマラケシュに住んでる人々の生活に普通に溶け込んでしまう。ホテルの前で近所の子供達がサッカーをしていて、気軽に挨拶してきたり(ただし、小銭を要求してくるけどww)。

ちょうど断食後のお祭りの時期に行ったので、屋上からあちこちの家で羊1匹をカットする様子(首を切ったり、皮をはいだり)が鮮明に見えた。

DSC04403.jpg


あったかくてキモチいいので、朝ご飯は屋上が定位置。

DSC04407.jpg


リアッドが世界遺産に登録されているジャマエルフナ広場から近かったので、毎日広場に行って、スーク(市場)巡りをしていた。

DSC04308.jpg


規則なんて言葉はまるで存在しないかのように、広場を縦横無尽に車や馬車が走ったり(平気でひかれそうになる)、アジア人観光客があまりいないせいなのか、モロッコの人々からすごい見られたり、まるで友達を誘うかのようにフレンドリーにかつ強引に店に引っ張られたり、頼んでもないのに勝手にヘナのタトゥーを手に始めようとしたり、見世物の猿を肩にのっけようとしたり(そして金をとる)、観光客だからって高めに値段をふっかけてきたり(店によって同じ物の値段が違う)、平然とした顔でおつりを少なく返してきたりと、始めは、いかに観光客から金をふんだくろうかと考えてる人々から自分を防御することにいっぱいいっぱいですごい疲れた。

DSC04412.jpg

DSC04334.jpg

DSC04506.jpg


けれど、伝統品がすごいカワイイし、実際にすごく安いし、人々だって心底悪人って人はいない。おつりをごまかされそうになるのも、こっちがしっかりとしてればいいわけで、言えばちゃんと返してくる。だまして盗むという感覚よりも、何だか一種の文化のようなカンジ。そんな風に思えるようになってからは、スーク巡りも楽しくなってきた。

広場の他にも、観光バスに乗って観光地巡りをしたり、知り合いが所有してる宮殿(!!)を訪ねたり、

DSC04422.jpg


現在はイヴ・サン・ローランが所有しているマジョレル庭園を見学したり

DSC04446.jpg

DSC04451.jpg


多くのヨーロッパの富裕層が第2の別荘を建てる地域にモロッコを選ぶのも納得なマラケシュの美しさを満喫した。

そして、何よりも心から毎日満喫したのは、ハマムとマッサージ、タジン、クスクス、ミントティー等のモロッコ料理。安いし、心身ともに満足。サイコー。最初は慣れない慣習というか、人々の考え方にちょっと疲れていたけど、マッサージと食事でノックアウト。自分の警戒状態を解いてモロッコの人々を見てみると、すごいフレンドリーで暖かい人が多いことに気付いた。

ハマムの入り口。快楽への入り口。

DSC04481.jpg


お茶セットを買ってしまったくらいはまったミントティー。モロッコ風のクッキーもめちゃめちゃおいしい!!

DSC04302.jpg


帰る頃にはすっかりマラケシュが好きになってしまった。ザンネンながら天気があまり良くなくて、一番求めていた太陽を満喫できなかったので、今度は太陽を求めに絶対にまた来ようと思った。


スポンサーサイト
  1. 2007/12/28(金) 07:18:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Les decorations de NOEL

もうすぐクリスマスなので、街中いろんなデコレーションで溢れてる。ただ散歩するだけでも楽しいこの時期。

DSC04107.jpg

ノートル・ダム前のツリー。

DSC04114.jpg

シャトレ内にあるツリー。

DSC04112.jpg

クリスマスとカンケイないけど、冬の名物Hotel de Ville前のスケート場。冬の間だけなぜか市庁舎前にスケート場ができる。普段は単なる芝生が生えた広場なのに。

DSC04135.jpg

パリ市内の各区役所もそれぞれのデコレーションをほどこす。これは20区の区役所。パリでは区役所で結婚式を挙げるのも一般的。日本のお堅くて地味な区役所とは違うなぁ。

DSC04133.jpg

一流メゾンが建ち並ぶモンテニュー通りのイルミネーション。後ろにほんのりエッフェル塔が見えるところがいかにもなカンジ。けど、モンテニュー通りなのにこんなビミョウなイルミネーションでいいのか?とちょっと疑問。

DSC04134.jpg

シャンゼリゼの途中にある雪をかぶったツリー。キレイ。

DSC04130.jpg

やっぱり王道なシャンゼリゼ。ラファイエットのデコレーションもすごいけど、シャンゼリゼのこの景色がパリ中で一番キレイだなぁと思う。

                        ***

こないだ初めてvelibを使った!!velibは今年の夏からパリ市内で開始された乗り捨て(?)自転車。パリ市内にいくつものvelibステーションがあって、そこで自転車を借りる。あとは自分が降りたい地域のステーションで自転車を置いていくだけ。年間で30ユーロの会員カードを作ると、始めの30分間は無料。私はカードを持ってないけど、それでも料金は30分で1ユーロ!!これってすごい便利なシステムだと思う。毎日乗るほど自転車は必要ないけどたまに自転車に乗りたい時に低料金でさくっと乗れる。しかも、自分が借りた場所まで返しに行く必要なし。日本でもこんなシステムできないかなぁ。

DSC04126.jpg


でもゼンゼン自転車に乗ってなかったから、たった15分乗っただけで足が痛くなりました。。。年をとるって悲しいね。。。

                       ***

昔からシャネルの広告はドラマティックかつエレガントですごいスキだったんだけど(バネッサ・パラディのcoco chanelとかニコール・キッドマンのNo.5とか)、今やってるキーラ・ナイトレイのcoco mademoiselleの広告がもーステキ!!エッフェル塔が見えるアパルトマンの1室からスタートするんだけど、これ見て「あ?パリってステキ、うっとり☆」ってなっちゃう人多いだろうなぁと思う。

http://www.coco-mademoiselle.com/

このサイトの中でCMが見れます。


  1. 2007/12/08(土) 09:12:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Decembre

今日から12月。1年を振り返る月。同時にクリスマスとかニューイヤーとかフェット三昧でみんなうかれポンチな月(≧∇≦)~~*今年は20代サイゴにふさわしく(?)自分的に色々とあって考えることが多かったから、サイゴくらいは騒いで忘れたい。

話変わって、iPod touchゲットしました?(≧∇≦)~~*恥ずかしながらの初iPod。めちゃめちゃウレシイ☆音楽と写真だけじゃなく、ビデオもネットも楽しめる優れもの☆けど、パリでは新製品を見せながら歩くことは危険なので(平気で盗まれる、奪われる)、コソコソと隠れながら楽しまないと!!

                     
DSC04100.jpg


こないだBoys ? Menのプライベートコンサートに行ってきた。今更だけど、彼らの歌はすごい。鳥肌たっちゃった!!モータウンのコンピアルバムのプロモーションだったから、60年代の歌を踊りつきで歌ってた。めちゃめちゃカッコいい!!

                   DSC04083.jpg


近くで見てた知り合いが写真をアップしてるので、興味がある方はぜひ。
http://www.invokation-graphik.com/boyz/

すごい昔の不確かな記憶だけど、Boys ? Menって4人組みじゃなかったっけ?とか思ってみるこの頃。


  1. 2007/12/02(日) 03:01:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。