ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bienbenue chez les ch’tis

先日カンヌ映画祭が終了し、フランス映画が21年振りにパルムドールを獲得。リセを舞台に、ドキュメンタリータッチでサイキンの学生の様子を描いてる作品らしい。舞台になったリセがある場所に行ってみたら、既に写真を撮ってる人がいるのを見かけた。

この映画の公開も待ち遠しいけど、サイキン見た映画で良かった映画の話を。

「Bienbenue chez les ch’tis」
bienvenuechezleschtis.jpg

今、フランスで大ヒットしていて、フランスでの動員数の記録を更新しそうな勢いの映画。もー映画でこんなに大爆笑したの本当に久しぶりで、何回も見てしまった!!
フランス南部に住む郵便局の男性が、とある理由で北部の街の郵便局に左遷されることになるところから話は始まる。南の人々は、北部では毎日雨が降っていて、冬はマイナス30度や40度になり、人々は寒さをしのぐためにアルコールを飲むのでアル中ばっかりで。。。と思っているのだけれど、実際に彼が北部で目にしたのは、街の美しさや、人々の暖かさ。
最初は絶望していた彼も段々とこの街が好きになっていく。。。という話。
映画の根底に、この映画の監督でもあり、出演もしているDany Boonのch’tisへの愛情があり、その暖かさが爆笑を産んでいるのかなぁと思う。
いつかはch’tisの人々の定番の朝食、パンにチーズをはさんでカフェに浸して食べる、を挑戦してみたいけど、未だに実行する勇気がでずヽ(  ̄д ̄;)ノ.

あとは「Jack Pot」や
jackpot.jpg


「A bord du Darjeeling limited」がかなりツボだった。
abord.jpg



スポンサーサイト
  1. 2008/05/27(火) 06:59:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

la saison des fleurs

5月に入ってから、初夏を通り越して一気に夏になってしまったパリ。街中が緑に溢れていて、太陽を楽しむ人々でいっぱい。

至るところに咲いてるライラックの花(多分、ライラックだと思うのですが)。

les fleures 2


公園は花で彩られている。

les fleures


緑のトンネルの下でアイスを食べる子供達。かわいい☆

le vert


***

知り合いのデザイナー(bezemymailan)のファッションショーに行ってきた。アジアンとアフリカンテイストをミックスさせたのが彼女のブランドの特徴で、少しずつ人気がでてきてるらしく、現在はエルメスが布を提供してくれてるそう。

le defile 0510

彼女のブランドのワンピースでアジアのリゾート地に行ってみたいなぁ。

***

小さい頃からダイスキで、私がフランスに興味を持つきっかけになった、「ベルサイユのばら」のDVDセットを買った☆

img_versailles.jpg


小さい頃は、今でもフランスの女の子ってマリー・アントワネットみたいにドレスを着てるんだろうなぁ、と本気で思ってた(アホですね)。

現在のフランスがあるのも、あの時代に市民達が革命を起こして、勝利を手に収めたから。歴史的にとても重要なフランス革命。フランス革命って聞くと、何だかボルテージが上がってしまう自分。あの時代を舞台に繰り広げられる、人々の壮大なドラマ。ベルばらはいつ読んでもステキすぎ。

それにしても、オスカルってなんて気高く誇り高く、情熱に溢れた美しい人なんだろー!!本当にバラと呼ぶにふさわしい☆

久しぶりにあの重厚な世界に浸ってます。


  1. 2008/05/14(水) 06:44:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

l'anniversaire

先日、LEVELが30にアップしました。

ドラクエで言えば、初期のひの木の棒、布の服、鍋のふたでスライム相手に苦労していた頃から始まり、いくつもの城や街を訪れ、ダンジョンを攻略し、ダーマ神殿で転職をし、そろそろ賢者かなぁの頃(まだ早いかな)、さらにドラクエ5で言えば、ビアンカと結婚して、生まれた子供が勇者で、、、とかやってる頃、ラスボスにはまだ遠いけど、旅も中盤の頃。

実際の人生はドラクエのようにレベルが上がった瞬間に、音楽が鳴ってHP、MPが上がるわけではないけど、それでも20代の頃よりは少しは変化したかなぁと思う。30代に移行する頃にフランスにいた、っていうのがとても影響しているのだけれど。

悪く言えば勢いがなくなった、良く言えばよく考えるようになったこと。昔は若さゆえの特権で、やりたいと思ったことは後先考えずにすぐに実行していたけど、今は考えることが多くなった。フランスにいると外国人の身分のため、何をするにも(会話をするにも)日本と同じというわけにはいかず、ある程度は考える習慣がついた。

そして、色んな価値観に出会い、自分の価値観が変化した。20代の頃、大学やOL生活で出会う価値観はほとんどが同じで、自分は均一の価値観にがんじがらめになっていた。フランスで色んな人に出会い、自分はせまい価値観から解放された。自分の価値観が変化した分、昔よりも色んな人の価値観に対して寛容になったかなぁと思う。

フランスでは20代はまだまだ子供で、30代からが本当の人生の幕開けらしいので、人生で一番楽しい時期を楽しみたいと思う。

話変わって、バースデー前は第3の故郷ビアリッツに里帰り!!ビアリッツの空港に着いた時に、私の荷物だけ届いてなかったり、サーフィンをしてる時に魚に刺されて(多分、viveという魚でブイヤベースにいれると美味だそうです。。。)、足が腫れたりと、なかなか面白い20代の終幕だったけど、フランスでの原点ビアリッツで、大事な仲間と貴重な時間を過ごせて本当に楽しかった☆

ビアリッツ4

ビアリッツ1


そして、バースデー当日はオペラ座でオペラ鑑賞!!安い席だったからあまり見えなかったけど、長年の夢だったオペラ座でのオペラ鑑賞を叶えられて、なかなか幸先のいい30代のスタートを切ったなと。

オペラ2

オペラ1


お祝いして下さった方々、ありがとうございます☆


  1. 2008/05/04(日) 06:46:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。