ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Beaujolais Nouveau

ボジョレー・ヌーボーの解禁日だったので、スーパーでボトル(3ユーロ!!日本だといくらなんだろう?)を買ってきて飲んだ。

「今年のボジョレーは。。。」とか言えるくらいワイン通ではないし、毎年飲んでるワケじゃないけど、とにかく言えることは、ボジョレーは日常の食卓で飲む安いワインだからあんまりおいしいものではないよね。とにかく若いカンジ。

せっかくだから、サダハル・アオキのマカロンを一緒に食べる。味はチョコ・キャラメル・カフェ・ゆず・抹茶・わさび。ゆずが美味。わさびも結構おいしかった☆

DSC08042.jpg


スポンサーサイト
  1. 2008/11/21(金) 08:18:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Automne×Culture

めっきり冬のパリだけど、季節的には秋なのでほんのり文化的な話題を。悲しいことに堅苦しいカルチャーの話ではまったくもってないです。

***

サイキン見た映画の話。

「Entre les murs」
entre les murs

今年のカンヌでグランプリを取った作品。パリのとある中学校のクラスでの様子をドキュメンタリータッチで描いた作品。フランスの教育現場を垣間見れるのが非常に興味深い。これを見ると、日本のクラスの様子とはゼンゼン違い、教師は生徒達に授業に参加させる、より多く発言させることを求めるのが分かる。私は中・高と私立で、他の日本の教育現場を知らないけど、少なくとも私の学校では授業は活発な議論の場ではなく、講義を受ける場所だった。だからこの映画を見て、フランス人がなんであんなにおしゃべり好きなのか、理屈っぽいというか、何かあったら謝るよりも自己弁護、責任回避の弁が非常に発達してるのか良く分かる気がした。本当にフランス人って謝らないんだよね。。。

「Vicky Cristina Barcelona」
vicky cristina barcelona

ウッディ・アレン監督の最新作。スペインの紹介映画ですか?っていう位、スペインが鮮やかに映し出されてて、スペインに旅行に行きたくなった。日常生活ではあまり見られないだろう恋愛事情が描かれてるんだけど、軽いタッチなのでけっこうあっさりしてて、あまり深みがなかった気が。でもこの映画を見た後で、ウッディ・アレンが自分の養子と結婚している、っていう事実を恥ずかしながら初めて知って、彼の中では恋愛は1通り(同じ年くらいの男女が出会って恋に落ちて。。。という一般的な恋愛)ではなく、自由に色んなパターンがあるんだな、と思った。それにしてもスカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスのキスシーンはドキドキした。

「TOKYO」
tokyo.jpg

ミッシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノのそれぞれ3人の視点で東京を描いた作品。どれもかなりシュールだった気が。ゴンドリー作品のほのぼのしたシュールさと、ひきこもりの香川照之の演技は良かったけど、レオス・カラックスはダメだった。「Paris je t’aime」のようなオムニバスかと思ってたので、東京をどんな風にステキに見せてくれるのかなぁと思って期待してたけど、何だか東京のステキな部分がゼンゼン感じられなかった。外国人の東京に対する視点が知れただけでもまぁ面白かったかなとは思ったけど。

***

知人から招待状をもらったので、来年には10周年を迎えるジャパン・エキスポのミニ版、チビ・ジャパン・エキスポに行ってきた。

日本の文化を紹介するのが目的のイベントなんだろうけど、ほとんどアニメのためのイベント。
フランスはオタクが多い。日本に次いで世界で2番目にマンガ・アニメ関連の消費が多いのも納得。マンガやアニメがきっかけで、そこから他の文化や日本という国に興味を持つ人が多いので、マンガが果たす役割の大きさは計り知れない。

場内にはナルト関連のレイヤー多数。ナルトは本当に大人気。
DSC07962.jpg

私的にはケロロがツボ過ぎたけど。
DSC07963.jpg

そんなんで私もフランス人オタクに混じって、cowboy bebopとサムライチャンプルーのDVDセットを買ってしまいました。どっちもストーリー、映像、音楽いいよね。
cowboy bebop
サムライチャンプルー

今やマンガは日本を代表する文化。




  1. 2008/11/04(火) 03:18:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。