ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おいしい鳥たち

阿蘇山の溶岩石を使って料理をいただくお店に行ってきました。

溶岩石の遠赤外線効果で焼かれたお肉は水分が程よく残って、すっごいぷりぷり☆めちゃめちゃおいしい(≧∇≦)~~*

鳥肉ダイスキなので、鳥ばっかり食べてました。

写真は鳥の首の部分。

DCF_0001.jpg


ご飯のあと、いまさらだけど「武士の一分」見てきました。キムタクは昔より演技に幅がでたなぁ、と。

サイキンは邦画がすごい作られてて、成績もよいそうな。でもフランスではゼンゼン邦画やってなかったなぁ。逆もまた然り。フランス映画ってすごいいっぱいあるのに、日本ではあまり見ることができない。

溶岩石で焼いたおいしい鳥も、もっとたくさんの日本映画もフランスに紹介して、フランスの人にぜひ知ってほしいなぁ。けど、その国でしか体験できないことだから価値があるのかもしれないなぁ、とか思いつつ。

フランスではワインばっか飲んでたのに、サイキンは焼酎を飲む日々。



スポンサーサイト


  1. 2007/03/05(月) 01:49:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PARIS JE T'AIME | ホーム | 日本/Le japon>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rurubleue.blog66.fc2.com/tb.php/37-7cd4c792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。