ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同じ顔

今日、図書館に本を借りに行った時に、雑誌コーナーに並んでるCancamを手にとってみた。

サイキン読んでる雑誌って、VOGUEとかL'officielとかNumero(Numero TOKYO創刊したんですね)って、モード系の雑誌だったので、Cancamにでてくる女の子(特に読者モデル)の顔がみんな同じ(同じメーク、同じ髪型、体系もほぼ同じ)に見えて、かなりのカルチャーショックを受けた(単純に私が年をとったのか?)。

パリに行ってから、日本人ってオシャレの平均レベルがめちゃめちゃ高いんだなぁと気付いた、ってくらいパリジェンヌでオシャレな子は稀有な存在(言いすぎ?)。パリの歴史的な街並みとかにインスピレーションを受けるのって、一部のクリエーターだけで、普通のパリジェンヌなんて本当に質素だし、そんなにカワイイのにその服はないでしょ、って子がめちゃくちゃ多い。日本人に比べて、オシャレを楽しむ金銭的な余裕が彼らにはあまりないからなんだけど。

そう考えると、洋服とかメークとか髪型のことを常に意識できて、オシャレの平均レベルが高い日本人ってめぐまれてるなぁ、と。でもパリジェンヌは質素な格好でナチュラルメークでも素がキレイでそれなりに見えたりするから、日本人はメークもヘアーも服もガチっとキメないと、それなりに見えないかわいそうな人種なのかもしれない、と思ったり。レベル高くても、ここまでみんな同じ顔だと没個性かなぁ。

でもエビちゃんはめちゃくちゃカワイイ☆

結局、図書館で借りたのはカミュの「幸福な死」。卒論以来のカミュ。カミュを手にとるなんて病んでるなぁ(笑)
スポンサーサイト


  1. 2007/03/08(木) 00:43:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週末DJ | ホーム | PARIS JE T'AIME>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rurubleue.blog66.fc2.com/tb.php/39-63db65d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。