ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サイキンのカルチャー雑記

タイトルがおかしいけど。。。

                            ***

バベルを見た。賛否両論あるのが、分かる気がした。たとえばド派手アクションみたいな単純明快なストーリーを求める人には分かりづらかったり、すっきりしないのだろう。
私は、世の中には言葉の違い、文化や習慣の違い、身体的特徴の違いなどから来る偏見に満ち溢れている、ということを全編を通してヒシヒシとカンジた。結構ネガティブな見解?

                            ***

藤城清治の作品展を見てきた。影絵作家で、長年に渡って活躍しているアーティストである。作品の後ろから光を当てていて、作品がステンドグラスのような美しさ。作品全体を通して、世界はキボウに満ち溢れている、ということがヒシヒシと伝わってきた(バベルを見たあとだから、なおさらそう思えた)。
彼が考えたキャラクターで、昔、テレビで人気を博したカエルのキャラクター”ケロヨン”に一目ぼれ。ケロロといい、私はどうやらカエル好きらしい。

                            ***

人から、「人志松本のすべらない話」のDVDをもらった。フランスにいる時からyoutubeとかで見てたけど、、、、相当オモシロい。ジュニアのザンネンな兄の話は笑える。

                            ***

結構いまさらだけど、NujabesやFunky DLのCDを買った。サイキン、JAZZYなHip-Hopにはまってるとこです。おすすめあったら、教えて下さい。

                            ***

まったくもって、カルチャー話じゃないけど、今日初出勤でした。結局、事務所でアーティストのマネージメントとプロデュースします。やりがいありそうな仕事だと思いました☆

サイゴに、母の日に渡したブーケの画像。やっぱり親は偉大です。

                       KC380063.jpg

スポンサーサイト


  1. 2007/05/15(火) 00:47:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<目ヂカラ | ホーム | GW明けの独り言>>

コメント

Nujabes、私も大好き!
ファンの人がRemixしたファイルあるけど、いる?
欲しかったらメールちょうだい♪おくるよー(ちょっと重いけど
  1. 2007/05/15(火) 13:11:40 |
  2. URL |
  3. Yuki* #-
  4. [ 編集 ]

バベル 
ミハルさんのいう通り、そうですね。
最後にアメリカ人夫婦は救われているのにも拘らず、
モロッコの家族やヒスパニックの女性は混沌とした中に置き去りにされている。
私はモロッコの銃を撃った男の子はあの事件があったからこそ兄への愛情に気付いたという風に楽観的な解釈をしていたのですが、観終わった後振り返ると、また色々な解釈も出来たりして…
そういった意味でも面白い映画と言える気がします。

「人志松本のすべらない話」面白そう。^^
今度借りてこよう!
  1. 2007/05/15(火) 17:14:25 |
  2. URL |
  3. 夕実 #Xbeie1mw
  4. [ 編集 ]

>Yuki

ぜひぜひ!ファイルちょーだいv-22

>夕実さん

地獄のような体験をしたあとで、救われてる人々もいたけど、何か全体を通してネガティブな見解になってしまいました。イロイロ考えさせられる映画でしたね。
ぜひ、すべ話見てくださいv-218
  1. 2007/05/17(木) 01:54:53 |
  2. URL |
  3. ミハル #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rurubleue.blog66.fc2.com/tb.php/47-a1fb8c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。