ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Marrakech

パリの寒さから逃れるためにモロッコのマラケシュに行ってきた。

パリから飛行機で約3時間で行けるモロッコ。初のアフリカ大陸。土からできたオレンジ色の建物が建ち並び、ラクダが観光客を待ってる景色が広がる。

DSC04385.jpg


リアッドと呼ばれる、民家を改造したホテル(マラケシュにはこのリアッドがたくさんある)に泊まる。

DSC04304.jpg


ホテルの規模が小さいので、宿泊客も3組しかいなくて、他の宿泊客とすぐ仲良くなったり、ホテル側の対応がすごく丁寧で行き届いていて快適。

民家の中に普通に建ってるので、ホテルをでるとマラケシュに住んでる人々の生活に普通に溶け込んでしまう。ホテルの前で近所の子供達がサッカーをしていて、気軽に挨拶してきたり(ただし、小銭を要求してくるけどww)。

ちょうど断食後のお祭りの時期に行ったので、屋上からあちこちの家で羊1匹をカットする様子(首を切ったり、皮をはいだり)が鮮明に見えた。

DSC04403.jpg


あったかくてキモチいいので、朝ご飯は屋上が定位置。

DSC04407.jpg


リアッドが世界遺産に登録されているジャマエルフナ広場から近かったので、毎日広場に行って、スーク(市場)巡りをしていた。

DSC04308.jpg


規則なんて言葉はまるで存在しないかのように、広場を縦横無尽に車や馬車が走ったり(平気でひかれそうになる)、アジア人観光客があまりいないせいなのか、モロッコの人々からすごい見られたり、まるで友達を誘うかのようにフレンドリーにかつ強引に店に引っ張られたり、頼んでもないのに勝手にヘナのタトゥーを手に始めようとしたり、見世物の猿を肩にのっけようとしたり(そして金をとる)、観光客だからって高めに値段をふっかけてきたり(店によって同じ物の値段が違う)、平然とした顔でおつりを少なく返してきたりと、始めは、いかに観光客から金をふんだくろうかと考えてる人々から自分を防御することにいっぱいいっぱいですごい疲れた。

DSC04412.jpg

DSC04334.jpg

DSC04506.jpg


けれど、伝統品がすごいカワイイし、実際にすごく安いし、人々だって心底悪人って人はいない。おつりをごまかされそうになるのも、こっちがしっかりとしてればいいわけで、言えばちゃんと返してくる。だまして盗むという感覚よりも、何だか一種の文化のようなカンジ。そんな風に思えるようになってからは、スーク巡りも楽しくなってきた。

広場の他にも、観光バスに乗って観光地巡りをしたり、知り合いが所有してる宮殿(!!)を訪ねたり、

DSC04422.jpg


現在はイヴ・サン・ローランが所有しているマジョレル庭園を見学したり

DSC04446.jpg

DSC04451.jpg


多くのヨーロッパの富裕層が第2の別荘を建てる地域にモロッコを選ぶのも納得なマラケシュの美しさを満喫した。

そして、何よりも心から毎日満喫したのは、ハマムとマッサージ、タジン、クスクス、ミントティー等のモロッコ料理。安いし、心身ともに満足。サイコー。最初は慣れない慣習というか、人々の考え方にちょっと疲れていたけど、マッサージと食事でノックアウト。自分の警戒状態を解いてモロッコの人々を見てみると、すごいフレンドリーで暖かい人が多いことに気付いた。

ハマムの入り口。快楽への入り口。

DSC04481.jpg


お茶セットを買ってしまったくらいはまったミントティー。モロッコ風のクッキーもめちゃめちゃおいしい!!

DSC04302.jpg


帰る頃にはすっかりマラケシュが好きになってしまった。ザンネンながら天気があまり良くなくて、一番求めていた太陽を満喫できなかったので、今度は太陽を求めに絶対にまた来ようと思った。
スポンサーサイト


  1. 2007/12/28(金) 07:18:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<Bonne Année | ホーム | Les decorations de NOEL>>

コメント

いいなぁ、モロッコ!
今、一番行ってみたいのが北アフリカ。
モロッコとかチュニジアは憧れの国だよv-238
価値観とか全く違うんだろうなぁと興味津々。
パリから3時間くらいで行けちゃ運うんだね~。
  1. 2007/12/28(金) 09:50:59 |
  2. URL |
  3. さちこ #-
  4. [ 編集 ]

モロッコ!

懐かしい風景☆
ハマムいいよね。パリでもトライしてみようかしら。。。
12月はそんなに暑くないの?
6月に行ったときはものすごーい暑さだった。。。
肩から首にかけてむけたよ~
  1. 2007/12/28(金) 13:58:47 |
  2. URL |
  3. ともみ #-
  4. [ 編集 ]

すすすす、すてきーーーー!!!!
モロッコがどんなとこか知らなかった。
純粋に行ってみたい国リスト追加ーーーーー!!!!
  1. 2007/12/28(金) 21:00:43 |
  2. URL |
  3. kaoriん #-
  4. [ 編集 ]

映画のシーンのような

画像が美しいですね~。
まるで映画のシーンのようです。
こういう場所へ行くと私達が当たり前に持ってる価値観や概念が吹っ飛びそうですね。
まさに異文化体験が出来る旅だと思います。
初めはとまどいつつも次第にモロッコの魅力に惹きこまれていくmimiさんの様子が文章から伝わってきました。v-238
  1. 2007/12/28(金) 21:50:24 |
  2. URL |
  3. 夕実 #Xbeie1mw
  4. [ 編集 ]

>さちこ

モロッコはパリから3時間で行けちゃうんだよー。しかも料金も安い!!時期を選べば、飛行機とホテル込みで4~5万とかで行けちゃう。日本からアジアの他の都市に旅行するカンジ。
私も日本にいる時からアフリカに行ってみたくて。パリにいる今だからサクっと行けちゃう!!

>ともみちゃん

ハマムさいこぅだねぇ~。フランスではシャワーだけだから、体の芯からあったまるハマムはお風呂に入ってるみたいに体に染み入る!!
私が行った時は雨ばっかり降ってたから、思ってたより寒かったよ~。それでも17度~22度くらい。夏はモロッコは40度くらいあるから観光には向かないらしいので、ともみちゃんが行った6月くらいがベストシーズンらしいよ。

>kaoriん

kaoriんにとってモロッコは性転換の国だもんね(笑)イメージ変わった?私にとっても今回の滞在はアフリカのイメージを大きく変えた滞在だったよ。
オリエンタル美女なkaoriんなら、地元の女性風に肌と髪を布で隠せば絶対に地元の人と間違われるって!!ぜひあなたにはトライしてほしい国だわぁ~。

>夕実さん

マラケシュは、日本の都市やヨーロッパの都市とはまったく異なった独自の美しさがあって、写真を撮ってて楽しかったです。
パリでさえも日本と異なった習慣が随所に発見できるのに、モロッコの人々と言ったら。。。本当に最初は疲れました。でも疲れたのは最初の1日だけで、すぐにモロッコの人々の根底にあるあたたかさや真面目さ(敬虔なイスラム教徒であるところからくるのかしら?)にふれることができて、あとからはすごく楽しい滞在になりました!!どこに行っても必要なことですが、心をオープンにすることって大事ですね。
  1. 2007/12/29(土) 07:16:10 |
  2. URL |
  3. ミハル #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rurubleue.blog66.fc2.com/tb.php/68-dd9b4f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。