ミハル日和

ミハルのジャパリジェンヌ日記/ Le journal de Miharu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Forme d'amour

今週、バレンタインがあったから選んでみた話題。

先日、テレビで”L’amour impossible(あり得ない恋愛)”というタイトルの番組がやっていた。様々なタイプのカップルがでていて、とても興味深かった。

・何組かの年の差カップル;41歳の男性と自分の親友の娘と恋に落ちてしまったカップル(彼女は今は21歳だけど、出会った時は17歳。これって犯罪じゃ?)、70歳代の男性と20歳代の女性のカップル
・義理の兄妹(母親違いの兄妹)で恋に落ちてしまったカップル
・両性具有の男性と女性のカップル、この男性は元々は男性で、自分の中に男性と女性の両部分があると自覚し、自ら胸を付け足した。時と場合によって男性になったり、女性になったりする。この女性にとって見れば、恋人と同姓の親友を一気に得たカンジなんだろう。私的にはこのカップルが一番驚いた。

私自身は日本にいる時、周りに外国人と恋愛してたり、妻子のある方と恋愛してたり、いとこ同士で恋愛してたり、、、と割と様々なタイプの恋愛を目にしてたので、人の恋愛に対してオープンだと思ってたし、こっちに来てからも、様々な人種同士のカップルを見たり、ゲイが身近にいたりで(前に働いた職場の男性同僚全員がゲイ。めちゃイケメンなのに、男性のお客さんに対して「カッコイイ」と騒いでたり、めちゃめちゃかわいかった☆)、更にオープン度が増した気がする。

恋愛に対してだけじゃなく、こっちに来てからは結婚に対しても考えさせられることが多い。年齢的に、周りで結婚の話題が増えてきてるけど、日本にいる時は、会社の上司等、結婚してる男性から聞く話題は、奥さんとか家庭の悪口や、家庭と若い子と不倫の両立がまるでステータスかのような不倫オンパレードな話題。そんな諸先輩方の状況を目の当たりにして、結婚に対してドン引きしていた。

こっちに来てからは、事実婚の形態をとってるカップルが多いことを知り、日本のように結婚してから家庭を作り上げるのではなく、付き合って、一緒に住んで子供を育てて、マイホームを購入したり、一緒に全てを作り上げてから最後に結婚、という結婚に対する考え方の違いを知った。実際に40?50歳位で結婚式を挙げたカップルを何組か知ってる。

日本の結婚は何だか契約的に見えるけど、フランスの結婚は一緒に人生を作り上げた記念のように見える。そんなフランスの結婚事情を知ってから、結婚に対してドン引きだった私も考え方が変化した。

日本とフランスの結婚形態、どっちがいいかという議論はさておいて(フランスみたいな事実婚もいいと思うけど、気軽に別れられちゃうのも事実だし)、一緒に人生の喜びを分かち合えるパートナーがいるのはステキなことだと思う。


Jeff de Brugesのチョコを購入。バレンタイン用のハートの箱がかわいかった☆
DSC04710.jpg
スポンサーサイト


  1. 2008/02/18(月) 05:22:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Le défilé d'Agnes b. 2008-2009AW | ホーム | Une promenade en velo>>

コメント

な~るほど!

バレンタインな話題だねv-238

本当に色んな種類の色んな形があるけれど、
自分に相応しいスタイルを作り上げれば良いんだと思う!
フランス式も素敵な考え方だと思うv-238

ちなみに、国際結婚の特典なのかもしれないけれど、
私はバレンタインの日に旦那さんから
チョコレート&Thanks Cardを頂きましたv-24
嬉しかったよん。


  1. 2008/02/18(月) 14:48:41 |
  2. URL |
  3. TOMOKO #-
  4. [ 編集 ]

興味深い話題だね。
ただ一つ、両性具有の彼が胸を付け加えたことは理解困難…。i-232

フランスの結婚スタイルって個性的だね。
離婚システムが難解だから事実婚で済ますとも聞くけど…。それに契約といえば仏の結婚はその前に財産分与とか夫婦間で契約を交わして公文書に残しておくんだって。それを聞いて私は仏の結婚は契約のようで重いなと感じたよ。
だからこそ、じっくり愛を育んで確信を持ってから結婚するのかなぁ…、と。
友達の親御さん(仏人)は一世代前の人達でうちの両親と同じ感じだよ。若いうちに結婚して30年も連れ添ってる。私たち世代を見ると、日仏の違いは大きいなって思います。

形はどんなものであれ、人生の喜怒哀楽を分かち合えるパートナーがいるってすばらしいよね。
  1. 2008/02/18(月) 23:02:06 |
  2. URL |
  3. megoo #KiTUnD3A
  4. [ 編集 ]

一緒に人生の喜びを分かち合えるパートナーがいることはステキなこと…この部分に激しく同意します♪
結局はそれなんだろうなぁと思います。
それが出来る相手なら結婚という形態をとっていようがいまいがそれほど重要ではないと思います。

それにしてもフランスのテレビ番組って過激!(笑)
いかにも愛に対して寛容なフランスという感じです。
ゲイはオーストラリアにも沢山居ました。
公園でオープンにキスしたりもしてましたね~。
でも語学学校のゲイの先生は日本人は隠しているだけで日本のゲイの数は世界的に見ても多いと言ってました。^^;;
  1. 2008/02/19(火) 01:57:51 |
  2. URL |
  3. 夕実 #-
  4. [ 編集 ]

>TOMOKO

本当に、色んな恋愛の形があって、どれが正しいとかないわけで。自分達らしいスタイルを作り上げればいーよね。恋愛に関してはマニュアルは存在しない!!

チョコいいなぁ~v-238さすが国際派v-25

>megoo

だから、事実婚が多いのか~。なんか納得した。付き合ってすぐに同棲したりすることには抵抗ないのに、結婚にはなんか違う反応を示すフランス人が多いのは、結婚がより契約的だからなんだね~。
同棲期間が長いのは、じっくり愛を育てたいからなんだね。

>夕実さん

結婚した方が生活上便利だったり、世間体的にいいってだけで、本人達が納得のいく形であれば、どのような形でもいいのかなぁとは思います。

フランスの番組は過激ですか??v-16ww
確かに、日本は過激なことはテレビでは禁止、というか表だってはやらないですよね。
隠れゲイのことに関してもそうだけど、動画サイトに投稿されてる日本のアダルトの動画とか、アニメの暴力シーンを見たフランス人からは、真面目で礼儀正しい日本の国民性からは想像つかないギャップ(その変態さ、暴力っぷり)に驚かされると言われます。
  1. 2008/02/20(水) 06:31:03 |
  2. URL |
  3. ミハル #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rurubleue.blog66.fc2.com/tb.php/75-c3d6cd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。